スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'09.12 (Sun)

さぁ、Sanity値チェックしようか?

エターナルDN@マントロク
↑もはやゲーム本編の禍々しいお姿の面影はゼロです…。

エターナルDN@ゼロタース
↑ゲーム本編だとじつに”ふつくしい”お声で呪文を詠唱してくれます。

エターナルDN@チャターガ
↑非常に”ダサカッコイイ”ザリガニさんです。

エターナルDN@ウーリアス
↑次元を自在に操るくらげちゃんです。

(c)2002 Nintendo Game developed by Silicon Knights Inc.

今回は、任天堂さんにしては珍しいホラーゲーム
「エターナルダークネス 招かれた13人」
に登場する邪神こと「エンシャント」さん達を「グラスェル流クオリティダウン手法」によって描かせていただきました。

で、ちょっとゲームの特徴を。

ゲーム本編に正気度を表す「Sanity値」をいうパラメータが出てくるんですが
これが少ないと幻覚、幻聴を見たり、カメラが”ウルトラファイト”ばりに仕事しなくなります(笑
また、道中手にはいるルーン文字を組み合わせてスペル(呪文)を組み立てて魔法を使う
という斬新な方法が取り入れられており、必要なルーンさえそろっていえば設計図なくても詠唱できてしまいます。

と、まぁ、色々と変わったシステムを搭載したゲームなんです。
ゲームキューブのソフトなので、wiiとGCコントローラ&メモリカード持ってる人ならプレイ可能ですよー。

…ちなみに実際の彼らのお姿はとてもこのイラストとは似ても似つかないほど禍々しいです、念のため。
こんな風に見えるのは、きっと僕の「sanity値」が空っぽなせいなのでしょう(^^;
スポンサーサイト
15:02  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。